会社概要

会社概要

(株)プロトテックは、
  • 常に時代のニーズを的確に捉え新しいシーズを生み出しています。
  • 少数精鋭のプロ集団です。
  • 同じく技術、ノウハウを持つ多くの協力企業とネットワークを構築しています。
会社名 株式会社プロトテック
所在地 〒105-0014 東京都港区芝2丁目7番2号 芝園ビル2階
TEL 03-3451-1211
FAX 03-3451-0549
E-MAIL info@prototech.co.jp
設立 平成4年10月29日
資本金 1000万円
役員構成 代表取締役社長 木香次朗
事業内容
  • アルミニウム板、加工品および関連製品の販売
  • 合成樹脂材料、および加工品の販売
  • 住宅リフォーム(三井物産エコープロジェクト)
  • 商品の開発に関する企業立案のコンサルタント業務
主要取引先 [仕入先]
  • サンユレック株式会社
  • 三力工業株式会社
  • 株式会社エコミナミ
  • 三井物産メタルズ株式会社
  • 坂本金属商事株式会社
  • 株式会社ACE21
  • 株式会社片木アルミニューム製作所
  • 芙蓉パーライト
  • 宝鋼集団常州ロール製造
[販売先]
  • スズキテクノス株式会社
  • 株式会社清建
  • 株式会社エコミナミ
  • 日本電子株式会社
  • 月星商事株式会社
  • 富士金網工業
  • 松尾産業
  • トーワホーム
  • ティーエス商事
  • 株式会社エバーグリーン

会社沿革

平成5年1月 扶桑通商株式会社を社名変更し株式会社プロトテック創立
平成6年3月 株式会社日本ヒーティングプラン様に床暖房放熱板として共同開発した高放射材スーパーレイの納入始まる
平成7年6月 株式会社ミナミヒーティングプラン様に同じく床暖房放熱板として共同開発した高放射のブラックパネルの納入始まる
平成8年1月 株式会社メタルポート様を通じて日本電気福井工場様に印刷による封止システム(PES)用の特殊樹脂の納入始まる
平成9年5月 アルミセンター21株式会社様と新しい住宅リフォームシステム「エコープロジェクト」を立ち上げる
平成11年4月 スカイアルミプロダクツ株式会社様と船舶用アルミ加工部材を販売する「アルミ船普及プロジェクト」を立ち上げる
平成13年6月 三井物産株式会社様と三井物産社員および社友への住宅リフォーム事業の展開「三井物産エコープロジェクト」を開始する
平成15年6月 ミナミヒーティングプラン様と壁掛型冷暖房システムの開発に着手
平成16年7月 三井物産非鉄販売株式会社様と中国アルミ板材の国内展開に関して業務委託契約を締結する
平成18年6月 「壁冷暖房・アートヒーティング」の販売を開始する
平成19年9月 ミナミヒーティングプラン様と日本ヒーティングプラン様との3社共同で壁掛型冷暖房「スーパーラジアンヒーター」の販売を開始する
平成20年4月 日本電子株式会社様へ精密機器用冷暖房システムの納入を開始

取り扱い商品

1.アルミニウム各種板及び形材 ・アルミニウム板及びコイル、各種合金(1100,1050,3003,5052,5083) ・カラーアルミ板及びコイル ・アルミニウム箔 ・アルミニウム形材、管、棒各種 ・アルミニウム鋳物、鍛造品 ・アルミニウム各種加工品(切断、曲げ、切削、接合、表面処理)
2.遠赤外線放射アルミ板(スーパーレイ) スーパーレイは遠赤外線高放射アルミ合金で従来の遠赤外線高放射材に比べ輻射効率をいっそう高めた素材で、特に床暖房システムの放熱板としては最適商品です
3.樹脂 ・印刷式用液状樹脂 TAB,COF用樹脂 EMI用耐マイグレーション性ソルダレジスト樹脂 ・半導体用印刷システム(PES) 大気、真空印刷機 特殊マスク、特殊スキージ
4.冷暖房システム 1‐「ピアニスト」 ・「音」も「風」もない「エアコン」、さらに「除湿による快適な室内」の実現。具体的には”夏場はハワイの木陰を、冬場は床暖房の心地よさを実現する”が開発のポイントです ・床暖房の技術を生かし、同システム最大の懸念事項であった冷却時における結露の問題を積極的に結露させることで解決しました ・ファンを使わず室内空気を自然対流させるため、風や送風音がなく極めて自然な室内環境を作ります ・生活悪臭とVOC物質を低減します 2‐壁暖房「スーパーラジアンジーター」 ・スーパーラジアンヒーターはパネル業界初めてのオールアルミ製でアルミの高い熱伝導効率により中低温水で性能を発揮する省エネ暖房です ・暖房時のカビの発生やハウスダストによる汚染がないので室内の空気はいつもきれいです
5.住宅リフォーム「エコープロジェクト」 ・「エコープロジェクト」は「どのような小さなご依頼にも”こだま”のように迅速に正確にお応えする」ことを心情に「お客様フォロー」の仕組みを作りました